鹿児島の医学部を受験した時のこと

予備校の授業は完全に受験対策

一方の予備校での講義は完全に受験対策として考えて、どちらも意味のあるものにしたのです。
その結果として順調に学力は向上することになり、学校の成績もトップクラスで安定をすることになり受験対策の方も順調で合格の可能性がどんどん上がっていったのです。
もしも、この時点で福岡を目指していた場合にはおそらく合格の可能性が見えてくるかどうかも怪しい段階でしたでしょうから、早い段階で下方修正をしていたのは間違いではないと感じました。
多少、自分の実力がその程度しか伸びなかったということにがっかりしてしまった部分もありますが、上を見てもきりがなく現状で子のレベルで苦労をしているのであれば目標を下げたのは正解だったと思うことにしたのです。

鹿児島大の医学部に通っています | 予備校の授業は完全に受験対策 | 医学部を目指していたこの時期が人生で一番勉強した