鹿児島の医学部を受験した時のこと

鹿児島大の医学部に通っています

鹿児島大の医学部に通っています | 予備校の授業は完全に受験対策 | 医学部を目指していたこの時期が人生で一番勉強した

現在は鹿児島の医学部に通っているのですが、最初は福岡の医学部にしようかと考えていました。
福岡のほうが偏差値も高く挑戦をして見るだけの価値が高いと思っていたのですが、受験対策をしている内にやはり少し厳しいかなという感じになってきたのです。
受けるだけ受けてみるというのも良かったのですが、絶対に福岡じゃなければ行けないということもありませんでしたから、それならもう少し現実的に地元の医学部にしたほうが賢明だと考えたのです。
福岡に劣ると言っても自分の実力で考えれば、鹿児島の医学部であってもその段階では当落線上にあったわけなので高みを目指すというのはありだと思いましたが、もう少し現実を見据えるのも大切だと考え下方修正することにしました。
しかし、それだけに絶対に合格をしなければならないという気持ちになり必死で勉強をすることになったのです。
高校の二年生になってからは予備校にも通い始めることになり、朝から晩まで勉強漬けの毎日でした。
このような状況になると学校の授業というのが好きな勉強をすることが出来ないことになり、もどかしい気持ちでいたのですが復習だという気持ちで授業を受け学校の授業は学校の試験対策の代わりにして役立てることにしました。